難しい資格取得

資格の中には非常に取得が困難なものもあります。しかし、その代わりにその資格一つで職を得られるほどの価値を持っています。例えば教員免許など、取得することで教職として一生働いていくことが出来ますし、介護福祉士などの国家資格を持っていれば引く手あまたでしょう。

その中でも税理士は将来性があり、それだけで食べていけるほど価値のある資格です。税理士は確定申告を行う際に作成する税務書類を依頼人に代わり作成し、税金の申告を行うことが仕事です。税務書類の作成は専門的な知識が必要ですので、税理士は常に必要とされます。

また、司法書士などは不動産の購入時に、購入者に代わって登記記録に所有権や抵当権を記録することが仕事です。弁護士資格のように取ったにも関わらず仕事が無い、などということも無いため、非常に役に立つ資格の一つです。

これらの資格は非常に取得することが困難であるため、仕事と勉強を両立させるのは不可能です。少なくとも3年以上の勉強が必要であり、資格取得のための予備校に通う方がほとんどです。

土地や建物の売買の仲介人となる宅地建物取引士も需要が大きく、食いっぱぐれのない資格と言えます。こちらも難関の国家資格ですが、上二つと比較すればいくらか難易度は低くなります。時間をかけてしっかり勉強すれば合格できるでしょう。

TOEICを受ける

TOEICを入試や就職での評価基準にしている学校や企業は数多く存在します。基礎的な英語力を7つのパートで評価され、最高990点までのスコアが付けられます。進学校や有名企業への欠かせない資格がこのTOEICです。

スコアの評価ラインとして大学入試、一般企業への就職であれば600点あれば十分評価されます。大学院や一部上場の企業では800点以上のスコアを要求されることもあります。特に国際企業など英語力を必要とする企業では900点代のスコアでも足切りされることがあります。

一般企業の評価が得られる600点を取るには基礎的な英語の教育を受けてきたとして300時間以上の勉強が必要になります。勉強方法はTOEIC対策集なども数多く出回っているので、それを買って独学で勉強するのもいいですし、スクールに通う方法もあります。

仮にTOEICでハイスコアを取ったとしても、注意しなければなりません。常日頃英語を利用するような企業でなければ、使わない英語はどんどん忘れていき、勉強したことが無駄になってしまいます。また、本格的に海外の企業を相手にする場合、ネイティブに対応できるトークスキルも必要となります。

TOEICは様々な場所で評価の基準となりますが、一番大切なことは自分の目的に応じたスキルを身に着けるということです。英語を使った仕事に就くつもりの方が、自分の実力を試す、くらいの認識でいるのが良いでしょう。

日商簿記の資格を取る

資格を持っていれば特殊な労働環境で働くことが出来たり、就職の際に有利に働いたりなど持っていると良いことがあります。しかし時には取得したもののあまり役に立たなかったなどという資格もあります。どの資格を取るべきなのかここで紹介していきます。

日商簿記は取得すればあらゆる仕事での汎用が効き、非常に役に立ちます。日商簿記とは経営管理に役立つ知識や、財務諸表の数字から経営内容を把握する技術を指します。製造業やSIの職場でも経理や原価計算の際にそのスキルを活用できます。特にプログラム系の企業ではこの資格を持っている人物は少なく、重宝されるでしょう。

日商簿記には1から3級まであり、2級を持っていれば十分役に立ちます。簿記2級の取得には約200時間程度勉強する必要があります。試験の合格率は平均30%程度と低く、その要因は単純な暗記だけでなく、計算問題を素早く解くスピードも要求されるからです。イージーなミスがその後の計算を全て狂わせてしまうので、スピーディーに、かつ正確に回答していく訓練が必要です。

日商簿記は一度資格を取得すればその後広い分野で役立てることが出来ます。また、技術自体は単純なので体系が変化することもなく無駄にならないことも魅力です。

資格取得で専門性を高める

資格取得をする事により、会社への就職の際に優遇されたり、待遇が良くなったりするなど様々なメリットがあります。当サイトでは、資格取得にて専門性を高める事について紹介しています。

資格の中でも比較的知名度が高く一般的なのが日商簿記です。これは一部の職業に役立つという事ではなく、幅広い職業にて汎用性があるという特徴があります。主に経営管理や財務諸表などあらゆる場面で役立ち、スキルの活用は幅広いです。日商簿記といっても級が設定されており、1級から3級に分けられています。この難易度の高さにより、就職に役立つかどうかが異なります。

また、TOEICも比較的有名なものですが、これは入試のほか、就職の際の評価基準に関係している事が多いです。有名企業などへ就職したい場合、この資格がとても役立つ事があります。就職先は様々ですが、せっかくの英語学に関する資格でもありますので、貿易関係など、海外とのやりとりのある職業につくほうが、資格を活かせる事でしょう。

資格と一口にいっても種類は様々で、その中でも難易度は大きく分かれます。比較的難易度が高めの分野としては、税理士があげられます。その資格があるだけで十分に生計を立てていく事ができるような存在でもあります。司法書士なども同様にとても心強い資格です。当サイトではこれらのような資格取得にまつわる情報を紹介しています。これから資格を取りたいと考えている方はぜひ、参考にしてもらえたらと思います。